今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

【ニュージーランド・北島】日本の真裏 移住したい国で人気のNZの魅力

世界の絶景

【ニュージーランド・北島】日本の真裏 移住したい国で人気のNZの魅力
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

一部の方にはとても人気がある国ですが、
一般的にはそれ程憧れがないイメージのニュージーランド。

ニュージーランド1

これ程住みやすそうな国は、世界広しと言えど意外にないと思います。
欧米では移住したい国1位にもなっているニュージーランド(NZ)は、人の数よりも羊の数の方が多く自然に溢れ、食べ物やお水も美味しく、最近では上質なワインの産地としても知られるようになりました。
また国土は日本とほぼ同じくらいですが、人口は460万人ほどと密度がとても少なく、公用語が英語という点も人気の一因かもしれませんね。

NZで一番の魅力は溢れる自然、と訪れた方なら多くの人が答えるとおもいますが、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の中でもその雄大な自然を余すところなく見られます。
私もあの映画を見てNZの大自然を冒険してみたいと、心を動かされたうちの一人です。

そんなNZは日本とは赤道を挟み反対側にあるため季節は真逆となり、時差も2時間ほどなので旅行先としてもオススメですよ。
今回はNZの北島の魅力について紹介します。

オークランド

オークランド1

NZの経済と商業の中心であるオークランドは、南半球一高いスカイタワーをようし別名「City of Sails」とも呼ばれるNZの旅の起点となる場所です。
首都は同じ北島の最南端ウェリントンになりますが、オークランドは北島の真ん中辺りに位地します。

実は留学やワーキングホリデー先としても人気のオークランドは、国際色が豊かで街中にはアジア系からインド系、欧米系など様々な人種の方とすれ違います。
街を歩いているだけでも楽しいのですが、中でもスカイタワーとヴァイアダクト・ハーバーは必ず訪れることをオススメします!

スカイタワーは高さ328mで、その高さを活かしたアトラクションが有名です。
その名もスカイジャンプ。
高さ192mのスカイウォークから2本のワイヤーの間を真下に落ちてゆく、という刺激的なアトラクション。

フワッという胃が浮き上がる感覚と共に、オークランドの街が一望できるはとても貴重な体験になりますよ。
スカイタワーの下を歩いていると時折悲鳴が聞こえてくるのですが、悲鳴の正体はこのスカイジャンプなので、間違って通報とかしないでくださいね。

ヴァイアダクト・ハーバー1

一方ヴァイアダクト・ハーバーは帆の街らしくクルーザーが何艘も停泊し、周辺にはシーフードを取り扱ったレストランも多いちょっとした贅沢ができるエリアになっています。
海からは潮の香りがほのかに運ばれてきて、近くの島までフェリーも定期的に運行されている交通の要所という一面も持っています。

周囲にはお土産屋さんも複数あり、大橋巨泉さんのOK GIFT Shopやアオテアギフトショップもあるので、ニュージーランドの思い出の品はこの辺で揃えるのがいいかもしれませんね。

ロトルア

ロトルア

実はニュージーランド・北島で一番訪れてよかったところがこのロトルア。
街に降り立った瞬間に、少しむせかえるくらいの強い硫黄の香りに包まれるほど温泉が有名な街です。
街全体が日本でいう正に温泉街となっており、地元NZの方も週末にロトルアに温泉に入りにやってきて、家族や友人とゆっくりとした時間を過ごされています。

街の中心にほど近い公園には今も湯気を上げ、源泉がポコポコ湧き出ている場所もいくつもあるのでお散歩がてら訪れてみてはいかがですか?
少なからず地球の息吹を近くに感じることができますよ。

ポリネシアン・スパ

そして、観光客のほとんどの方が訪れる温泉施設「ポリネシアン・スパ」は本当にオススメです。
水着着用で男女共用の温泉施設なのでカップルでもファミリーでも一緒に楽しめる最強のスポットですね。
ロトルア湖畔に建てられているので、温泉から湖を眺めることもでき最高のロケーションです。
ただし、一点注意。温泉の硫黄の香りがとても強いので、水着に匂いがついてしまうこと必至。なるべく匂いのついてもいい水着で入ることをオススメします。


またロトルアで有名なものがもう一つ。
それがNZの原住民であるマオリ族です。ラグビーのオールブラックで知った方もいると思いますが、ハカと呼ばれる戦いの前の踊りは迫力満点で目の前で見ると圧倒されてしまいます。

マオリ集会場

こちらは街の中心徒歩5分ほどの所にあるマオリ村の集会場です。
このマオリ村は完全に観光用という感じで整備されて綺麗になってしまっていますが、建物の柱一本一本がとても装飾豊かでマオリの彫刻の素晴らしを間近で見られます。
柱の人形の目の部分は貝なのでしょうか、日本の螺鈿のような感じで虹色に光り輝きとてもパワーを感じます。

このようにロトルアはイギリス人の入植前のNZの文化や伝統を一番知ることもでき、かつ温泉やその元になる火山という地質からできたニュージーランドの変遷も学ぶことができます。
それらを学ぶに相応しい施設、「ロトルア博物館」をじっくり見学してみてみるのもいいですよ。

ロトルア博物館

ロトルアだけで記事1本書けてしまうほど、魅力に溢れ見所たくさんの場所なのでだいぶ端折っていますが、北島に訪れた際には絶対に外してはいけない場所の一つでしょう。
オークランドからはバスで4-5時間、飛行機の国内線だと45分となります。若干時間はかかりますが、NZの昔の息吹を感じてみてください。

ワイトモ

ワイトモ1

近年注目されているのが、このワイトモ。正確にはワイトモ洞窟がとても注目されています。
洞窟の中に広がる星空として多くのメディアでも紹介されました。
ワイトモ自体はとても小さな町でオークランドからバスで2,3時間、洞窟以外の見所はないと言っていいですが、この洞窟だけを見に多くの方が毎日訪れています。

このワイトモcaveはオークランドやロトルアの観光案内所でツアーに申し込むか、ワイトモで直接申し込むことでしか入れません。
それは星空を守るためでもあるので、レジャーを楽しむ場合は注意してください。

ワイトモ2

そしてこの景色。夜中というわけではなく洞窟の中なので暗いのですが、この星の様に輝いているものはツチボタルと呼ばれる虫が出す粘液の様なものなんです。
無数のツチボタルが出す粘液が蒼く光って、この様な幻想的な光景を作り出しているんですね。
そんな素敵な贈り物を1時間という短い時間の間ですがじっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。
※ちなみにワイトモ洞窟ではツチボタル保護のためフラッシュでの写真撮影は禁止です。

まとめ

NZの北島の見所3都市のみでしたが、魅力が少しは伝わりましたでしょうか。
NZは赤道を挟んで反対側にある国で形も少し日本に似ていますよね。地形だけでなく温泉や火山、冬は雪に包まれるなど、地質や季節感も日本に似通っているところがあります。
またNZ人(キウィ)もとても優しく紳士・淑女の方ばかりなので、安心して旅を楽しむことができるのもポイントですね。

本当にオススメの場所ばかりで悪い所が見つからないくらい、よい国なのでぜひとも一度は訪れて頂きたいです。

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。